3
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

story character




昭和二十二年 信州・那須市――



信州財界の雄、兎神佐兵衛没す。
死後に公開された遺言状には遺族を驚愕させる条件が書かれていた。
その内容に不安を感じた顧問弁護士事務所員(兎)は耕助・U・イナバの協力を仰ぐが、会見直前に何者かに毒殺されてしまう。



佐兵衛の三人の娘、




戦地から傷を負い帰ってきたその嫡男、




および孫娘・孫息子、佐兵衛の縁者の孫娘、その他のものたち。

闇に現れては消える復員服の
兎神家二十九年前の因縁

紅沼静馬




"斧・琴・菊"――



いま連続殺人事件の幕が上がる!





「無意識に筆が進む」奇才、古明地せいしの小説を完全映画化!
幻想住人たちが体当たりの演技で挑む!

脚本・稗田阿求、監督・八雲紫がお送りする
八雲ブレイク工業新作「兎神家の一族」お見逃しなく!

キャスト編に進む

写真は夢見白猫さまのページよりお借りしました。